セシールのECサイトについて

カタログ通販でおなじみの“セシール”ですが、主なターゲットとしているのはやはり主婦層です。私がまだ幼かった頃、家事の合間に特に欲しい物が有る訳でもないのに分厚いカタログをペラペラとめくっていた母を思い出します。
円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表 | Web担当者Forum

現在はカタログだけでなく、インターネット上のサイトで商品を探せる時代となりましたので、こちらにも力を入れており、掲載商品は13,000点以上と圧倒的な品揃えになっています。

 しかし、紙のカタログだと興味のないページもペラペラとめくってもらえ、たまたま目に入った商品を購入してもらえるという偶然が起こりましたが、サイト上ではなかなかそうはいきません。大抵の客は、欲しい商品がある時にその商品を探すためにサイトを利用するからです。そこでこのサイトでは出来るだけ他のジャンルのページにも興味を持ってもらおうとトップページに多少の工夫がなされています。
仙台 ホームページ制作の案内
カテゴリーから商品を探す場合には、項目を縦にずらっと並べるのではなく、スクロールの必要が無い範囲にまとめています。欲しい商品の項目を探している時に他のカテゴリーにも気を惹かせる為です。更には、おすすめ商品の案内を至る所に配置して探していたもの以外にも目を引こうという工夫がされているのです。
Webサイト、プログラミング(PHP、MySQL)のことなら - おしえるまなべる

 また、ネットショッピングにおける不利な点にも対策がなされています。商品の個別のページには、商品の詳しい説明や多数の写真の掲載は勿論の事、商品一つ一つに口コミの投稿を寄せるシステムが有り、5段階の評価と使用感等の口コミを掲載する事で、お客は購入時の判断がしやすくなるようになっています。

 更には、サイトを見た方だけの特典とも言える、ネット限定の商品も4,000点近く掲載されており、紙のカタログからサイトへの誘導にも力を入れているとも言えるでしょう。紙のカタログにも、たまたま見た商品を買って貰える等の利点は大きいのですが、やはり印刷費や輸送費も馬鹿に出来ません。

それを考えるとサイト上で購入して頂く方が企業側としても低コストになり、価格にも反映することが出来るのでしょう。しかし、ペラペラとカタログを眺める時間は楽しいものです、どんどんデジタルへ移行していくのは何か寂しい物がありますね。
hapun_マウス