この宿屋の料理はかなり美味しいことで有名らしい

トライアスロンを趣味にしていると、必然的に色々な地域に出向いていく必要が出てきます。なぜなら、トライアスロンだなんて大規模なスポーツを行える場所は限られていますので、年内に何度も大会に出場しようと考えているのであれば全国各地で開催されている大会に出向かなければならないからです。そして、それだけ多く県外に出ていると、色んなところで寝泊まりをすることにもなります。その寝泊まりもトライアスロンの楽しさでもあるんですよね。

自律神経失調症 症状チェック -メディカルiタウン

そして今月もまた、県外へのトライアスロン遠征を控えているところであり、今月の遠征は色んな意味で楽しみな遠征でもあります。その楽しみとは、大会のコースがいいとか自分のコンディションが整っているとかそういった部分ではなく、宿泊する予定の宿屋の料理がかなり美味しいことで有名らしいことです。それがどのような美味しさなのかというと、普通の宿屋のように刺身や茶碗蒸し、簡易的な鍋料理が出てくるのには変わりが無いのですが、その料理の質が半端なく良いとのことでした。
hapun_料理

刺身は大トロに近い品質の脂身が乗ったマグロの身が入っていますし、茶碗蒸しの具材には国産の剥きエビはもちろん、一個500円もする高品質な卵が使われていますし、簡易鍋には生で食べてもいいような牡蠣が沢山入っているらしいのです。こんな宿屋の料理、聞いたことないでしょう。こんな宿屋に泊まれるのであれば、大会への出場抜きでもいいくらいです。

はるのの湯

しかし、その宿屋の料理をまだ口にしていませんから、あくまでも「美味しいらしい」と自分の中では仮定の状態で留めています。人伝や雑誌の情報などは半信半疑にしておくべきものですからね。かといって、その宿屋の料理については、悪い評価を聞かないこともあり、かなり期待できるのは事実のようです。なので、もしトライアスロン大会の自己成績があまり良くなかっても、この料理のためだけでも現地入りする価値はありますね。