海外のプロテイン

プロテインという言葉が、英語で言うタンパク質であることから考えても、本場は海外ではないのではと思いませんか。実際にアスリートを見ても海外のアスリートの方が、筋肉の厚みが何回りも大きく見えます。


では、プロテインは海外と国内のものでどう違うのでしょうか。また、海外製のプロテインも安心して摂取できるものなのでしょうか。
海外プロテインの紹介
 まず、日本と海外のプロテインで一番違うと聞くのが、甘さです。とにかくお菓子などと同様に、海外のものの甘さと言うのは、日本人にとってなじみのない、とてつもない甘さのものが多いようです。これだけ甘いと糖分が相当多く、体に悪いのではないかと思いますが、体がそれに慣れているのか、海外の方には別段問題ないようです。
スマートボディ|株式会社 明治

もちろん、海外のプロテインもそれぞれの国の食品安全関連の規格に合格したようなものが大半ですから、大きな問題は無いものが大半だと思います。

国産でも、原材料がアメリカ産や南米産ということもありますので、どう違うのと言うと原材料に関してはあまり変わらないと思いますが、日本での検査基準をクリアーしていると言う安心感が、海外製にはないものではないかと思います。

hapun_牛乳次に金額面ですが、これは圧倒的に海外製の方が安いようです。アメリカ製のプロテインですと、それなりの大手メーカーのものでも、送料込みで日本製の3分の1以下の金額で手に入れることが可能なようです。それを考えると、海外製に切り替えてみようという方が、多くなるかと思いませんか。

しかし、プロテインのヘビーユーザーには意外と国産のものを使われている方が多いようです。なぜか。簡単に言ってしまえば、お金をとるか、安全を取るかという事になると思います。

もちろん海外製品が安全ではないと言うのではありませんが、中には粗悪な製品をつくっているメーカーもあり、原材料に関しても、日本ではまだまだ懐疑的に見られているものが使われているケースも少なくないようです。

その為、長く使う方の場合は健康面を考えて、保険的に日本製にしているという場合があるようです。もっとも、多少のリスクはつきものとして、金額の安いものを割り切って使用すると言う考え方にも何の問題もありませんので、どちらか好みに会う方で継続されてはいかがでしょうか。