ウェルカムボードについて

hapun_ウェルカムボード
ウェルカムボードって聞いたことあります?広義で言えば店舗とかイベント会場の入口に置かれている案内板、それがウェルカムボードです。狭義だと結婚式の披露宴会場の入り口付近におかれたボードのことで、その多くは新郎新婦の似顔絵が飾られています。私の仕事はこのウェルカムボード用の似顔絵を描くこと。でも、ほんの1年前までは自分がこんな仕事するなんて思ってもいませんでした。
国際結婚 - Yahoo!カテゴリ
きっかけは中高校時代からの親友の結婚式。もともと私は絵を書くことが好きで、趣味でずっとイラストや漫画を書いてきました。特別、美術系大学に進まなかったので専門的な勉強してきたわけではないのですが、継続的に絵を描いてきたので、それなりのイラストを描ける腕前だったんです。それを知っていた友人が、自分たちの結婚式にぜひともウェルカムボード描いて欲しいと私に依頼してきたのが結婚式の約半年前。私は親友の役に立つならと思い、当時はウェルカムボードが一体なんなのかもわからないまま引き受けました。詳しく話を聞いてみると、親友とその新郎の写真をもとに、ある程度デフォルメした似顔絵を書いて欲しいというものだったんです。

はっきりいって作業は四苦八苦。漫画チックな絵は描いた事はあっても、似顔絵を描くのはほとんど初めてでした。学生時代に先生の似顔絵を面白おかしく書いたことくらいしかありません。でも今回は面白くてはマズいんです。大切な親友の結婚式、一生に一度の舞台を彩る小道具の1つですから、できるだけ彼女らの希望に沿った素晴らしいものを作りあげなくてはいけません。そこで私は、必死に似顔絵の勉強を始めたんですが、この似顔絵ってすごく奥が深いんですよね。ほとんどマンガのようにデフォルメした絵にすることもできるし、実物とほぼ変わらない少ないデフォルメ具合の絵にすることもできる。あくまでもウェルカムボードは新郎新婦のために作るものなので、彼女達の思い出の場所やテーマカラーを盛り込み、精一杯作ったんです。そのかいあって、完成したウェルカムボードはとても喜んでもらえました。
国際結婚手続き一覧
するとその後、その時のウェルカムボードを見た別の友人から、またウェルカムボードの製作を頼まれたんです。そんな事が続き、苦労した作品だったので当時自分のイラストを公開するブログに、当人の許可をもらって掲載していたんです。するとギフト用のオリジナルイラストやウェルカムボードを製作する会社から突然連絡が入り、自分の会社と契約して仕事して欲しいという依頼が来たんです!それまで家で絵を描くだけだった主婦が一転、ウェルカムボード作りのプロとして働くようになったんですから、人生ってホントに何が起こるかわかりませんね。